トップ / 歯科での感染症の予防に関して

歯科での感染症の予防に関して

歯科での感染症の予防

歯科医院の感染症の予防

歯科の医療では、医療器具を使って歯の治療やクリーニングを行っているため、患者の唾液や血液などに触れることが多いです。歯周病も感染症の病気のひとつですが、歯科医院では感染症を予防するために、医療器具の衛生管理を徹底する必要がありますし、医療スタッフや医師も手指の消毒などを丁寧に行っています。医療スタッフも病気を予防するために、きちんと対策を取っておく必要があります。クリニックや病院を選ぶ時は、清潔で清掃が行き届いた所を選ぶようにして、インプラント治療などはきちんと個室で手術を行っている必要があります。

歯科,年収

病院で罹る可能性がある感染症

ほとんどの歯科医院では、「院内感染」防止のための対策が施されています。大学病院など、規模の大きい病院では入院患者の院内感染がしばしばニュースで取り上げられますが、一見院内感染と無縁に思える「歯」の領域でも決して例外ではありません。歯科医院で罹る可能性がある感染症として、「エイズウイルス」や「単純ヘルペスウイルス」といった性感染症が挙げられます。これらのウイルスに感染している患者の血液や体液などが、タービンやスケーラーなどの医療道具に付着したままになっていると、別の患者に感染する恐れがあります。感染予防のために、きちんと対策が施されている医院を選ぶことが大切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 開業歯科医師の年収に関して. All rights reserved.