トップ

開業歯科医師の年収に関して

開業歯科医師の年収

部門別の開業歯科医師の年収

開業した歯科医師の年収に関して2005年におこなわれた厚生労働省の医療経済実態調査の結果によると地方での格差等の影響もありますが平均月収は約120万円程度となっています。また、歯科の中でも矯正・小児・口腔外科等の種類によっても金額が異なり、矯正部門の年収は約700万円程度、小児部門では約680万円程度、口腔外科部門は日給計算なので1日30000円~50000円程度となるので月給は100万円程度となります。このような結果を踏まえても地域での格差はありますが、平均40万円程度の月収は見込めるという結果になります。

歯科,年収

開業医の年収と必要スキル

現在、全国にある歯科医院はコンビニの数よりも多いと言われています。自分の医院を開業して経営していくのは並大抵のことではなく、開業しても3年以内に廃業してしまう人や自己破産をする歯科医師も存在します。自分の医院を持つためには、治療の腕前はもちろんのこと、医院経営に必要なノウハウ、さらに患者獲得のための戦略など、様々な能力が必要になります。また、自分の医院を持つ医師の年収は、だいたい300万円から2300万円とかなりの開きがあります。全体の平均年収はおよそ700万円ですが、医院や医師によって格差が大きいのが目に見えて分かります。

↑PAGE TOP

© Copyright 開業歯科医師の年収に関して. All rights reserved.